"転勤や家庭の事情によって引越しをすることになった時、持ち家ではどうしても気軽に引越しをするワケにもいきません。
しかし賃貸物件でしたら、最低限の手続きと荷物の移動だけで気軽に引越しをすることが出来るのです。フローリングやユニットバスなどといった各部屋の設備は当たり前のこと、屋内駐車場などの敷地全体の設備も物件情報に公開されています。
様々な設備が完備されていたとしても、不動産屋の賃貸情報には掲載されていないこともあるので、現地へ足を運んで自分の目で確認をするようにしましょう。

 

賃貸物件の情報を全てチェックしていくことによって、一度にいろいろなことを把握することが出来ます。
例えば、これから新しく家族が増える予定があるのでしたら、近所に産婦人科の有無などの確認をしておくことが大切です。
賃貸契約の期間や更新料が有るか無いのか、そしてその金額、敷金・礼金の金額、さらには火災保険料の有無や金額などの情報も知っておきましょう。
これらが記載されている資料にしっかりと目を通し、貴方の月収と初期費用分を考慮して契約を進めていくようにしましょう。"



様々なチェックポイントのある物件探しブログ:17-7-18

小学校は義務教育なので、
入学試験を受けることなく入学できる。

なのでどの小学校も
子どもたちの学力の低さに悩まされている。

それゆえママたちの中には
我が子どもだけはそうなって欲しくないと、
私立学校に通わせたいママたちが出て来るのは当然の現象であって、
そこで子どもの間で「お受験」が展開されることになる。

お受験はマスコミや知識人たちから批判の対象になっているのだが、
脳科学的に言うなら、脳の臨界期に受験するのは、
子どもの脳の成長にとって非常に素晴らしいことになる。

受験する子どもたちは
受験勉強をすることになるのであって、
その間、ずーっと脳のシナプスを
大量に増やしまくることができるようになるのだ。

普通の子どもたちが幼稚園で遊んでいる中、
受験をする子どもたちは受験勉強しているのだから、
頭が良くなるのは当たり前のことである。

幼稚園だからといって幼稚なことばかりしていては、
その子どもにとっては最適な環境であるかもしれないが、
果たして最適な環境にいることが
本当にその子どものためになるのかどうかは解らない。

ちなみに 
私立の小学校を選ぶ時は、
自宅から遠すぎる小学校を絶対に選ばない方が良いと思う。

子どもにとっては自宅から遠い小学校に通わされては、
その通学が非常に苦痛になる。

通学期間は6年間もあるので、
通学のために大量の時間が奪われてしまっては、
大損害になってしまうからだ。

それと我が子どもを私立学校に通わせるのなら、
父とママで話し合って、
合意しておくことが非常に大事!

時間はたっぷりとあるのだから、夫婦で話し合い、
小学校に行って、その小学校が本当に素晴らしいのか
自分たちの目で確認することをお勧めする。

ニンニン