大家さんが賃貸契約の前に審査を実施

大家さんが賃貸契約の前に審査を実施


大家さんが賃貸契約の前に審査を実施
"「貴方はどうして賃貸を選ぶのですか?」という質問に対して多くの人が「持ち家よりも便利だから」と答えます。
確かにいろいろと規則が定められている賃貸ですが、普通に生活をしていればとっても便利でお得なのです。賃貸物件への申し込みをする時には、まずは大家さんが入居希望者の審査を行うこととなります。
「この人だったら安心して部屋を貸すことが出来るな」ということをこの審査によって大家さんが判断をすることになるのです。

物件の審査に「かかる日数の目安としましては1週間から10日程度ですが、もっと早く審査結果がわかることもあります。
この審査に合格をすることで、次は契約となりますので、引越し準備を本格的に進めていきましょう。
大家さんが審査を行う時には、不動産会社の人の意見も聞きつつ審査が進められていきます。
そもそも不動産屋というのは大家さんの代理で物件を紹介しているワケですから、悪印象を与えることのないようにしましょう。"




大家さんが賃貸契約の前に審査を実施ブログ:06-10-18

人は赤ちゃんを産むと両親馬鹿になる。
両親馬鹿は両親としての正常な反応なのである。

例えば、
赤ちゃんは長らく羊水に浸かっていたために
半漁人状態で産まれてくる…

それなのに全ての母たちは
赤ちゃんを見て「可愛い!」と思ってしまう。

母であるなら
我が息子がどんな体で産まれてこようとも、
可愛いと思ってしまう…
それは母として当たり前の反応なのである。

これが夫になると
両親馬鹿に余計に拍車がかかる。

娘が歌を歌っただけで
「この子は将来、歌手になるのではないか?」とか、
男の子がボールを蹴ったくらいで
「この子はサッカーの素質がある」と言ったりする。

夫は自分で妊娠や出産をしていないために、
嫁が思っている以上に両親馬鹿な態度を取ってくる。

育児をすれば、
嫁も夫も両親馬鹿になるものだ。
それでいいのである。

息子にとっては
両親が両親馬鹿になってくれるからこそ、
息子は脳の限界を取り払い、
脳のシナプスを増やしていけるのである。

例えば息子が一人立ちしたら
夫婦揃って大喜びをするものだ。
だから息子は脳のシナプスを増やして行くことができる。

もしも親父も母も
「息子が一人立ちするのは当たり前じゃん」と白けていたら、
息子は脳のシナプスを増やして行くことができなくなる。

両親が両親馬鹿になってしまうのは、
息子が非常に可愛い顔をしているからである。

実は息子が非常に可愛い時期と、
両親が両親馬鹿になっている時期は、
脳のシナプスが増えて行く時期とピタリと一致している。

息子が非常に可愛いからこそ
両親の理性のタガが緩んでしまい、
両親は息子をとことん可愛いがることによって、
息子は脳のシナプスを増やしていくことができるのだ。

大家さんが賃貸契約の前に審査を実施

大家さんが賃貸契約の前に審査を実施

★メニュー

家賃は収入の3分の1以下に抑えよう
様々なチェックポイントのある物件探し
大家さんが賃貸契約の前に審査を実施
上手に引越しをするポイント
細かく物件の下見をしよう
賃貸物件探しで最も大切なこと
とにかくまずは不動産屋へ問い合わせ
賃貸に住むことで発生するトラブル対処
広告を出さなくても良い物件は埋まる
物件全体を細かく確認をして納得の契約


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸スタイル☆割安物件見つけた