家賃は収入の3分の1以下に抑えよう

家賃は収入の3分の1以下に抑えよう


家賃は収入の3分の1以下に抑えよう
"賃貸には各地域毎に相場が存在していますが、雑誌やインターネットなどで公開されている相場が正しいとは限りません。
確かに参考にはなると思いますが、実際に不動産屋に言って相場を確認してみることが大切です。賃貸物件に実際に住んだ時には毎月支払うのは何も家賃だけに限ったことではないのです。
家賃だけに囚われすぎてしまうと、その他管理費や駐車料金などの存在を忘れがちですので、総支払額を考慮して物件探しをすることが大切です。

物件探しにおきましては広さや部屋数はあまりこだわって探さない方が確かに見つけやすいですが、荷物が入らなかったでは何とも間抜けな話になってしまいます。
今現在利用をしている家具などをそのまま引越しする場合には、その家具を搬入することが出来るかどうかをメジャーなどを使用して計測しておきましょう。
家賃を予め決めておく時には毎月の収入における3分の1以下までに抑えることが大切です。
当然のことですが、家賃が高くなればなるほどその分初期費用として支払う金額が高くなってくることを忘れてはいけません。"




家賃は収入の3分の1以下に抑えようブログ:14-10-18

わたしの夫は
「ありがとう」をたくさん言ってくれる人です。

連日作る食べる事に、
毎回「ありがとう」って言ってくれたり、
何気なく出したメールに「ありがとう」って言ったり感動したり、
過去の出来事にも何度も感謝したりします。

「そんなことにもお礼を言ってくれるの?!」
と言うのもありますが、
たわいもないことをちゃんと受け取めてくれているという気持ちや、
自分では当たり前だと思うことにも感謝してくれるという気持ちが
わたしはとても嬉しいです。

小さな変化を見逃さない新鮮な目線を持てる人って感動も違ったり、
喜びの度合いも違いますよね。

子どもなんかはそうですけど、
母親が髪の毛切ったのにすぐ気が付いたりしますよね。

それが、とても素敵なことのように伝えていたりして、
その発見力と表現力はすごいものです!!
それを伝えると母親もとっても嬉しそうだったりします。

大人になるにしたがって、
連日見ているものが当たり前になって、
視界から消えてしまっているんですよね。

でも、連日当たり前にやり過ごされる小さなことに気が付いて、
お礼や感謝を伝えていけるのって、いいなぁ!
心があるなぁ…そんな感じがするんです。

相手にとってもそうですし、
自分自身でも小さな感動をたくさん持てることになりますよね。

「ありがとう」という言葉は、
心のコミュニケーションの中で一番シンプルで
強みのある言葉ではないかなぁ…と、
わたしは最近しみじみと感じています。

わたしも夫に負けないくらいに
連日起こるたくさんの出来事の一つ一つに、
感謝していられる人でありたいなぁ~と思っています。

どんとはれ
家賃は収入の3分の1以下に抑えよう

家賃は収入の3分の1以下に抑えよう

★メニュー

家賃は収入の3分の1以下に抑えよう
様々なチェックポイントのある物件探し
大家さんが賃貸契約の前に審査を実施
上手に引越しをするポイント
細かく物件の下見をしよう
賃貸物件探しで最も大切なこと
とにかくまずは不動産屋へ問い合わせ
賃貸に住むことで発生するトラブル対処
広告を出さなくても良い物件は埋まる
物件全体を細かく確認をして納得の契約


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸スタイル☆割安物件見つけた