"あまりにも数多くの賃貸物件が今現在出されておりますが、中にはあまりオススメ出来ない物件もあります。
交通の便が悪かったり管理状況が悪い賃貸物件には注意をするようにしましょう。不動産情報や広告に載っている賃貸物件だけが、不動産会社のオススメ物件だと多くの人が考えていることでしょう。
実際に不動産屋がオススメをして紹介をしたい物件といのは、わざわざ広告を出すことなく次々と契約が済まされているものなのです。

 

人気のオススメ賃貸物件が出た場合に、すぐに不動産屋から声をかけてもらうことの出来る方法があります。
それは担当者と顔見知りになってある程度仲良くなっておくこととなります。
不動産屋の広告などで「これがオススメ物件!」とある賃貸物件というのは、本当にオススメというワケではありません。
正直このような広告の物件というのは一番にオススメをしたい物件ではなく、2〜3番目程度にオススメをしている物件なのです。"





還暦祝い プレゼント 父の最新情報
還暦祝い プレゼント 父の最新情報
URL:http://kanreki-oiwai-land.com/ranking/male/


広告を出さなくても良い物件は埋まるブログ:13-3-19

今日は、コーヒーを飲みながら、書いてます。

大勢の人たちは、
根本的に減量を勘違いしています。

「美しくなる=減量=食べないこと」と
勘違いしている人が少なくないのです。

美しくなるためにはやせなければいけないと考え、
やせるために無理な食事制限をしている人が多い…

「減量とはとにかく食べないことだ」
それだけに一点集中してしまうのです。
これがいけないのです。

まず、急に食事制限をすると、元気がなくなります。
顔は青白くなり、元気も出なくなり、魂が抜けたようになります。

学生であれば勉強が頭に入らず成績は落ち、
社会人であれば仕事をする元気が出なくてミスをしてしまいます。

食べない減量をある程度続けることで、
目標の数値までやせられたとしましょう。

しかし達成できたとたん、ため込んだストレスをはき出すかのように、
ガバッと食べてしまうのです。
そうしてリバウンドして振り出しに戻る…という結末。

なぜこれほど具体的にわかるのかというと、
わたし自身が何度も経験したことだからです。

思春期は、特に人目を気にする時期で、
何度も減量に挑戦をしては失敗を繰り返しました。
特に、はまったのは高校を卒業した時期でした。

わたしに限らず、周りの友達も
過去に何度か減量を経験している人がいました。
女性ばかりと思いきや、男性にも多いのです。

しかし話を聞くと、
なぜか成功している人よりも失敗している人のほうが多い!
わたしもそのひとりでした。

その失敗する減量に限って
「食べない」という方法に頼るものだったのです。
みんな同じようなことを考え、同じような失敗をしていたんです。

みなさんも、そんな失敗経験はありませんか?

くれぐれも、食べない減量はやめてくださいね!

・・・と、こんな事書いてみる